2024-01-01から1年間の記事一覧

我が再審請求棄却決定に抗告ではなく意義申立である理由

四次再審請求の棄却決定に不服であり、「抗告」したいが、タイトルはこれでいいか? 書記官に伝えたところ、誰かと相談して「異議申立」だと言う、では異議申立と無効裁判はどのように違うのか。 自説だが、大きく分けて、以下のような違いがあります。 ・請…

裁判しない裁判官 横浜事件に蓋をして袴田再審と我が再審を阻んだ大島隆明裁判官 

裁判しない裁判官 横浜事件に蓋をして袴田再審と我が再審を阻んだ大島隆明裁判官 (suihanmuzai.com) 裁判の効率化と被告人の利益の為として、簡易刑事裁判がされている、刑事裁判は初めてあり、原田裁判長から貼紙をしたかと起訴事実を問われて「ハイ」と答…

コンセントは一つではなく無数になった

2004年、上野の浮浪者暮らしからの大田区ホームレス収容所を経て八王子地裁脇の橋の下で越冬するも、再び立川の収容所で一時避難、翌年夏に、やっとインフラを得てネット発信が出来た、この昭和30年代の学生アパートは共同便所の6畳一間、この梁山泊暮…

四次再審請求棄却決定は白旗を上げるサイン

社会公益性ある当りやサンのワイは、此処迄読み込んでいた、問題は以後の追及を放棄するから補償金・慰謝料は幾らにするか、この交渉役は赤沼・山西弁護士である。 番号は変わりました fax0426158646 届いた再審棄却通知に混乱をしたものの、これは「我が免…

一昨年末の再審請求申立に係る事務手続きの通知に従った、当然に事務処理はされたと思いきや、今頃になり不提出ゆえの却下決定とは如何なる了見か、このときの行動を残していた。 出会いの始まりから再審開始を見届け召天した猫 - suihanmuzaizのブログ (hat…

第四次再審請求は却下決定 架空裁判を再審請求する茶番に趣旨返しする東京高裁

第四次再審請求は却下決定 架空裁判を再審請求する茶番に趣旨返しする東京高裁 (suihanmuzai.com) 本日の留守中に東京高裁から特別送達郵便が届いた、東京高裁とあり、3月の高畑訴訟では控訴をしていず、また白バイでっち上げ上告は断念している、だから高…

保険金殺人犯北詰 カネが有りながら何故に国選にするのか

保険金殺人犯の北詰よ。カネが有りながら何故に国選にしたのか、国選は信用できないと判れば私選に代えればよい、お前の事件は全て国選に任せた、これを愚痴しても事業自得、もしかしたら手抜き国選を狙い、ごねる目的だった、何故に国選にしたか答えよ。 北…

逆転無罪者北詰の偽造控訴趣意書

北詰よ、この大室弁護人との共同控訴趣意書は間違いないか、これにアクセスがある、答えよ。 原田國男の逆転無罪事件の控訴趣意書 サイコパス北詰事件 (suihanmuzai.com) 北詰は大室弁護人解任請求書を2月20日に提出、しかし26日には北詰と共同で控訴趣…

エンタメとしてのホームレス動画 恥を知れ

虚偽告訴で社会制裁 ストーカー犯罪という曖昧なもの (suihanmuzai.com) 車上生活をしているハルノさんがストーカーをしたとされる女の子について伺いました【東京ホームレス ハルノさん】 (youtube.com) エンタメとしてのホームレス動画 恥を知れ 一昨日に…

我が調書判決で懲役刑を科した原田國男の名が久々にニュースに載った、ワイから提訴された被告の原田は「認否はしない」と逃げたが、未解決保険金殺人犯の北詰淳司逆転事件も惚けるのか。 09年に大阪地検特捜部が手がけた郵便不正事件では、密室の取り調べ…

Googleでは排除されるがBINGでは適正な扱い

司法の崩壊 ウェブ司法の崩壊. #司法の崩壊 #三権分立 架空裁判 調書刑事判決 遂犯無罪 suihanmuzai NEW 遂犯無罪の砂上の法廷 簡易裁判で懲役刑 改訂 控訴を理由に刑事記録をネット公開、 … 白バイでっち上げ事件の訴 … 法律は最低限の社会常識を定めたも…

Copilo氏に訊いた我が事件

自分 遂犯無罪の砂上の法廷 簡易裁判で懲役刑 Copilot 「遂犯無罪の砂上の法廷」についてお話ししましょう。このタイトルは興味深いものですね。私はあくまで情報提供者であり、法的な専門知識を持っていませんが、少し調査してみました。 「遂犯無罪」とは…

起訴された親告罪で事実調べがされない恐怖

基本的な刑法の知識はある、犯罪を犯しても免責されるケースとして、名誉毀損事件や緊急避難の主張と覚えていた、だから起訴された事実の動機・経過が、裁判所の判断の基礎になる。弁護人には事件の経過・動機を仔細にして渡し、また裁判長の原田國男にも同…

虚偽告訴で社会制裁 ストーカー犯罪という曖昧なもの

虚偽告訴で社会制裁 ストーカー犯罪という曖昧なもの (lolipop.jp) 我が事件当時はストーカーと言わず、新聞報道では「付き纏いの名誉棄損容疑で逮捕」、詐欺女を何度も警察と弁護士事務所でも相談した、しかし相手は失踪して解決できず、住居を失う状況に緊…

日本の絶望警察裁判所

警察は食材・加工業者・これをチンする検察、料理を運ぶ裁判官、弁護人は壁の花、このレストランは世界に知れ渡っている。 「同調圧力」に晒され、独立の危機にある裁判官 | nippon.com “無実の罪”を生む刑事司法の構造的問題に迫る-NHK 唖然、呆然、戦慄、…

裁判官の自由心証主義よりも、裁判官はロボット化すべき

我がhpの趣旨にCopilotの回答は・・同調圧力に晒され、独立の危機にある裁判官、裁判官の自由心証主義よりも、裁判官はロボット化すべきである。 刑事司法システムの問題は、その本質的な腐敗にあります。実際の警察官や検察官は、サスペンスドラマで描か…

北詰に憑りついている八田秀子さんの怨霊

北詰は、「八田秀子」を必ず〇〇〇〇と変換する、これは北詰に憑りついている八田さんの怨霊の為せる現象であろう、現在に北詰は取調べがされて、この供述は録画録音される、この際の「八田秀子」に係る北詰の動静が記録される。 北詰をポリグラフ検査にかけ…

本日のニュースでも、またSNS上で逮捕状が出ていると脅して大金が騙し取られている、この手口を使う北詰に未解決保険金殺人事件を攻め続けているが、未だに被害届すらできず、今朝もこの通り↓ どうしても!! 刑務所に入りたいのか!!! なにが言いたいのだ…

これはもう裁判ではない

有名な法曹家向け実用書の著者として知られる一方、SNSでフォロワーを「楽しませようと」際どい投稿を繰り返すなど、異色の裁判官として知られた岡口氏、岡口氏がツイッターを始めたのは、2008年の草創期。裁判官という肩書は明かさなかったが、実名でアカウ…

法廷偽証した大高正二の怯え 乙33号証

北詰逆転無罪事件のキーマン大高正二 裁判所前で騒ぐ大高・橋本は、住宅欠陥事件を訴える河野を北詰の野武士の会に勧誘、これに裁判正常化道志会の佐藤なども合流して、河野の言う相手住宅会社からカネを強請ろうと計画した。この先頭に立ったのは北詰であり…

事件の話をしても頭の変な人と見られるから 遂犯無罪

12年前、第一次再審申立をしたところ、民事を担当した赤沼弁護士から電話が入り、十数年ぶりの面会をした、このときに赤沼弁護士は、「事件の話をしても頭の変な人と見られるから」また「ツイッターはしない方が良い」言われなくとも判っているが、我が主…

北詰の保険金殺人から怯えて失踪した被害女性

保険金殺人犯の北詰淳司は、立ち退き訴訟で提訴されて「空き巣事件の収監中に大家は家賃の免責をした、これは検察の差し金であると二年になる今も係争している、この背景は裁判正常化道志会の犯罪立件にある。 以下の意図は、北詰の逆転無罪は虚偽告訴事件と…

ボディカメラを開示するだけで済む話だ、それを拒み送検調書を捏造した

交通違反“青切符”への押印「任意なので断ってよし」 河野大臣もお墨付き 警察が「押して」と求めるワケとは(弁護士ドットコムニュース) - Yahoo!ニュース 白バイでっち上げ記事は好評だが、こんなモノは裁判をすることなく、警官が着装しているボディカメ…

即決された先駆的な福祉ヤクザへの本人訴訟

役所の虚偽公文書行使とは裁判所も慌てたのか即に結審されてしまった、これも悔しい裁判沙汰のひとつ、しかし今頃になりアクセスが急増した。 大田区の 被告の準備書面 (lolipop.jp) 福祉ヤクザ エス・エス・エス 被告の準備書面1 (suihanmuzai.com)

我が事件のキーパーソンは元公安検事の高橋真

検事面前調書の偽造署名は誰がした? - suihanmuzaizのブログ (hatenablog.com) 我が事件のキーパーソンは、千葉公証人役場の元公安検事の高橋真である、新年度となり高橋の動静が気になるが昨日のアクセスから忘れていた記事が浮上した。 高橋真控訴審 準備…

誰か知らぬ方が後方支援してくれるhp司法の崩壊

我が事件主張記事を、誰か知らない方がネット公開しているのが散見される、以下はその二つ、我が事件は1991年に始まり、このときも弁護士事務所で相談、相手は八王子警察に泣き付いた、この違いが簡易裁判で懲役送りとなった。 時系列表 - 司法の崩壊 (e…

冤罪事件とは、かくも残酷で人の人生を破壊する

我が懲役事件の控訴審の私選弁護人である原和良弁護士の顔を28年ぶり本日のTVで見た、当時の原弁護士は元全学連委員長らしく刑事弁護を志しており、我が事件一年前には新宿強姦事件の弁護を担当、この裁判官・原田國男の資質を知っており、6年後に我が懲…

遅ればせながら男の修業をした身には怖いものなし

長年に棲みついた我が梁山泊から転居して、新しい環境からか思いがけない出会いが始まった、昨年に映画(コーポ・ア・コーポ)になった昭和30年代の学生アパートの住人に相応しい我が主張であった、此処にきて偏見ナシの付き合いが適いそうである。 映画『…

検事が勝手に自分で喋って、被疑者に署名・指印をさせるように指導された

検事が勝手に自分で喋って、被疑者に署名・指印をさせるように指導された・・全くその通りである。 週刊金曜日・司法の崩壊 (suihanmuzai.com) 元検事■市川寛が明かす新人検事は「自白調書」の捏造を教えられる(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3) …

ぐうの音も出せない検察の証拠の捏造 suihanmuzai

ほぼ無条件で証拠能力が認められる検事面前調書、袴田事件では有罪証拠として、この検面調書が証拠採用されている。我がhp司法の崩壊への注目記事に袴田再審事件がある、司法の威信が総崩れになる検察の証拠の捏造、これに、ぐうの音も出せない。 袴田再審…